MENU

主婦がお金を借りたい時は

2010年の貸金業法の改正以降、大きく変わったのが主婦のキャッシングで、特に専業主婦の場合は申込先が限定されるようになりました

 

貸金業法の法改正で何が変わった事

2010年貸金業法の改正で新たに総量規制が加えられました。この法律は基本的に消費者金融が顧客に融資をする時は、年収の3分の1以内と制限されるようになりました。そのため、パートやアルバイトをしている兼業主婦は、収入があると認められるので、これまで通り申込が出来ます。

 

ところが、収入の専業主婦の借入は厳しくなっていて、専業主婦が消費者金融でお金を借りられるのは、「配偶者貸付」を取り入れている消費者金だけになりますこの「配偶者貸付」は配偶者の同意が必要な事や、専業主婦が個人名で借りられなくなっています。

 

この制度を取り入れて、専業主婦に借付をしている大手消費者金融もありますが、ほとんどが申込条件として本人にも収入があることとなっていますので、実際のところ無収入の専業主婦が消費者金融でキャッシングすることは不可能になっています。

 

専業主婦のキャッシングは銀行カードローンで

銀行カードローンは銀行法が適用されるので、貸金業法は適用されません。そのため、銀行カードローンは審査さえ通れば、本人の収入に関係なくお金が借りられます。

 

基本的に銀行カードローンでも本人に収入があることが前提ですが、なかには配偶者に安定した収入があれば、無収入の専業主婦でも申込める銀行カードローンがあります。

 

たとえば、みずほ銀行カードローンは限度額30万円まで、イオン銀行カードローンは限度額50万円までなら、本人に収入がなくてもお金を借りることができます。これらの商品は収入証明書類の提出が不要で、本人名義で申込ができ、配偶者の同意もいりません。

 

また返済についても、あまりにも大きな返済負担となると、借りられたとしても返済が出来ずに困ってしまいます。

 

中でもイオン銀行カードローンBIGは、10万円以下の借り入れに対しては月々の返済が3,000円からで、この毎月返済額なら、食費や生活費などを節約すれば十分捻出が可能な範囲なので、専業主婦の方であっても、無理のない返済が出来ます。