MENU

日常生活の中で、なんらかの理由でお金を借りなければならないという事は誰でもありますが、お金を借りる方法は様々な方法があります。たとえば、親や友人知人から借りるとか、公的機関で借りる、銀行の金融商品を借りるなど様々な方法があります。

 

マイホームなど大きなお金を借りる時は銀行の金融商品が一般的ですが、少しのお金であれば身内や友人から借りる方法もありますが、その場合案外トラブルになる事も多く、あまりお勧めできません。他人に迷惑を掛けずに手軽に借りる方法としてキャッシングがあります。

 

公的機関の融資制度

 

公的機関の融資制度をご存知の方はそれほど多くはないと思いますが、会社のリストラなどで失業し、これまでと同じような生活が送れなくなったという方を対象にした「総合支援資金貸付制度」が有ります。

 

また、「年金担保貸付制度」という、年金だけで生活をしている方がお金を借りたい時に、年金を担保にして借りる制度もあります。

 

この制度は「日本政策金融公庫」もしくは「独立行政法人福祉医療機構」だけが取り扱っていますので、それ以外の金融機関では借りられません。ただ、これらの制度は金利も低く安全なお金の借り方ですが、申込条件が多いことや、すぐにお金を用意しなければならない時には間に合いません。

 

少しでも早くお金を借りたいという場合は、キャッシングがおススメです。

 

キャッシングのメリット

お金を借りる方法として比較的簡単なのがキャッシングです。キャッシングの利用者は現在1,400万人とも言われ、もはや日常生活でなくてはならないシステムとなっています

  • 申込条件が簡単。
  • 保証人や担保が不要
  • 一度契約すれば、限度額の範囲内で何度でも借入が出来る。
  • 即日融資で借りると申込をしたその日に融資を受ける事もできます。

 

キャッシングの申込条件は、安定した収入があり、満年齢20歳以上60歳~69歳までの方であれば、正社員でなくても、パートやアルバイト、派遣社員などで収入を得ていれば申込が可能です。審査も銀行商品と比べて比較的緩く、給料をもらって普通の生活をしていれば、まず審査で落とされるはありません。

 

申込には、わずらわしい手続きや保証人も不要で、誰かに頭を下げて保証人になってもらう必要もなく、運転免許証や健康保険証があればすぐに申込が出来ます。また、一度契約をしてしまえば限度額の範囲内なら、申込さえすればいつでも借入ができます。

 

キャッシングの申込はインターネットからいつでも申込ができ、申込時間にもよりますが、決められた時間内に契約が終われば、その日の内にお金を振り込んでもらう事や、カードを発行してもって提携ATMからお金が引き出せるようになります。

 

キャッシング申込先の選択は慎重に

 

キャッシングは消費者金融や信販会社、銀行などで申込ができますが、お金を借りる目的を決める事で申込先が変わってきます。

 

たとえば、すぐにでもお金を用意しなければならない時は、即日融資が可能な大手消費者金融がおすすめで、即日融資が出来るように様々な方法が用意されています。

 

また、できるだけ金利を少なく借りたいという考え方もあり、そんな場合は銀行カードローンがおすすめです。

 

大手銀行や都市銀行、信用金庫など多くの銀行から選べるので、今すぐに必要ではないけれど、いずれ借りる事になるという場合は、時間をかけて金利の低いところを捜しましょう。

 

信販会社のカードローン

キャッシングの申込は消費者金融か、銀行カードローンだけと思われがちですが、信販会社でもカードローンが申込めます。信販会社はクレジットカード以外にもカードローンを扱っており、なかには銀行カードローンと匹敵する金利で融資が受けられるカードローンがあります。

 

たとえば、三井住友カードゴールドローンは金利が4,5%~9,8%、融資限度額は最大で500万円、オリックスVIPローンカードなら金利3,0%~16,8%、融資限度額は最大で800万円など、金利面では銀行カードローンと変わらないカードローンもあります。

 

どれくらいまで融資してもらえる?

「キャッシングでお金を借りるとしても、どれくらいまで貸してもらえるのか」というのが気になるところです。残念ながら、融資限度額は審査を受けてみないと正確な事は解りませんし、申込んだからといって必ず借りられるものでもありません。

 

目安として、消費者金融の貸付限度額は、総量規制で年収の3分の1以内と決まっているので、年収の3分の1を越えることはありませんし、初回申込時は多くても50万円までと考えておいた方がよいでしょう。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、年収制限による融資限度額はありません。
もちろん融資限度額は審査で決まりますが、審査に通れば年収に関係なく融資を受けることが出来ます。

 

キャッシングの利用は計画的に

キャッシングで注意しなければならないのは、キャッシングで借りても返済が続けられるかをチェックしておくことが重要です。具体的には、現在自分の収入や現在毎月返済がどれくらいあるのかを算出し、申込前に「返済シミュレーション」などを利用して、どれくらいまでなら借りても、無理のない返済が続けられるかを知る事が重要なポイントになります。

 

キャッシングは、うまく使えば毎日の生活に潤いを与えてくれる、便利なツールでもあるので、利用にあたっては計画姓をもって利用しましょう。